ポケットカーズ
スマイル俱楽部

運転免許証取得!初心者の心得!

2020.03.19
コラム | お知らせ

春休み!免許取得!!

この季節、春休みに入り運転免許証を取得する学生さんや新社会人の方が多いのではないでしょうか?


3月は安く、そして短期間で取得できる合宿プランもあるのでなかなか予約が取れない…なんて事も。


初めて路上に出る時は本当にドキドキしますし、免許を取得したときの喜びは忘れられませんね!

 

しかし自動車学校の時と違って、隣に教官はいませんし、教習所の車は一般のものとは造りが違う為、一人での運転は感覚も異なり何かと不安にもなりますよね。


では、初心者運転期間の1年間はどのような事に気を付けたらよいでしょうか。

陥りがちな運転・気を付けるところ

苦手意識

 

先ず免許取りたてですと、苦手意識が強く何かと怖さを感じるのではないでしょうか。


車線変更や車庫入れ、右折のタイミング等など・・・


教習所では隣に教官がいて、指導と誘導をしてくれますが、一人でとなると自信がない。


また、教習所では教わらなかった想定外の出来事にパニックになってしまったり。

 

ですが、大丈夫!一人はまだ自信がないという方は、慣れるまで隣に家族や友人などベテランドライバーに一緒に乗ってもらいアドバイスしてもらいましょう。


いきなり交通量の多い道路に出るのではなく、焦らずに、家の近所や交通量の少ない道路、広い駐車場で運転に馴れるのもオススメです。


車庫入れの際は、少しづつ誘導してもらいながら練習するのもいいですね!

確認を忘れない

運転中はバックミラーやサイドミラーだけでなく、左右後方、ミラーでは死角になる箇所を目視で確認することがとても重要です。


しかし慣れるまではなかなか大変ですし、緊張や焦りで確認が遅れたりも。


または、まだ危険意識が低く自分の運転を過信してしまいしっかり確認せずに運転してしまうなんて事も。


焦らず急がず、周囲の安全をしっかり確認し、走行も法定速度を守り車間距離も余裕を持って運転しましょう。


運転前にもハンドルやシートの位置、ミラーの向きなど自分の体勢に合っているか、ガソリンの残量はどのくらいかなどを確認することも大切です。

 

体調を整えてから運転

体調がいまいちの時は運転は控えましょう。寝不足でも同じです。


初心者の期間は特に気を張っている為、少しの運転で精神的にも体力的にも消耗しやすいものです。


しっかり休養して回復してから運転しましょう。

 

無理に運転して途中で体調が悪化したり、居眠り運転になってしまうと事故に繋がりとても危険です!


また、運転中に体調が悪くなった場合は安全な場所に車を止め、同乗者で運転できる方に代わってもらうか、家族や友人に連絡し迎えに来てもらう等して決して無理はしないようにしてください。

 

 

最後に・・・

 

上記にあげた以外にも、当然の事として飲酒運転やながら運転(スマホ操作での不注意運転など)は絶対にしてはいけませんし、スピードの出し過ぎに注意しましょう。


タイヤ交換もできるようにしておいた方がいいですね。


いざという時の為にJAFに加入しておくのもいいでしょう。


せっかく免許取得しても、運転を怖がる余りにペーパードライバーになってしまうのは勿体ないので、ゆっくり焦らず、ルールを守って確かな運転技術を身に着けて楽しいカーライフを過ごしましょう♪

 

ポケットカーズでも様々なお車のお悩みに対応しております。


免許証を取得して新しくお車のご購入をお考えの際は是非ポケットカーズへ♪